• 釣具通販ギアラボ


 


ジギング超入門テキスト
【タックル編:ラインの選び方】

文:沢木好男

「ジギングを楽ちんに」をコンセプトに、沢木好男がわかりやすく解説。タックルの選択からジグのアクションまで、すぐに使えるノウハウを公開します。

タックル選択の最大のポイントはライン

タックル選択の最大のポイントはラインにあると、私は考えている。

ジギングで用いられるPEラインは、ナイロンやフロロカーボンと比べて同じ強度ならかなり細い。しかし水深50mから時には200m近くにも沈めて使うのであれば、それにかかる水の抵抗は膨大だ。

水深70m程の場所で、PE4号と3号を用いてジグ重量がどのくらいまで底が取れるのか、また50回ジャークして再底取りを何回できるのかという実験を行ったことがある。状況は大潮の満潮直前、風速は6m程、海域は比較的潮の流れが速いと言われている場所だ。

結果、PE4号と3号ではかなりの違いが見られた。

PE3号の場合、50回ジャークして3回以上の再底取りが可能だったのは150gだった。それがPE4号だと200g以上を用いなければ、3回以上の再底取りができなかったのである。

150gと200gとでは、体にかかる負担は随分違う。

1ランク細いラインが使えるということは、1ランク小さなリール、つまりより軽いリールを用いることができるということにもなり、ますます体の負担は少なくなる。

しかし、より細いラインはより弱くなるという問題も抱えてしまうことになる。その矛盾の答えは以下のようなものとなる。

“最高のラインを使う”

ただそれだけである。ラインをケチってはいけない。たとえロッドとリールにそれぞれ1万円以下のものを用いていたとしても、ラインにだけは1万円以上の投資をすべきである。それがもったいないと思ってしまうと、爆釣は可能でも大物を釣ることは困難となるだろう。そして、ジギングはいよいよしんどいものになる。

なぜ最高級のラインがいいのかというと、現在のPEラインは価格による品質の差が著しいからだ。品質の差というよりも、強度の差といった方が正しい。

10年前のPEラインと現在のものとを比較すると、強度は10年前の5号が現在の3号とほぼ同等である。ただしこれは最高級ラインに限った話で、低価格のPEラインの場合、太さに対する強度は10年前とあまり変わっていない。これがラインだけは最高級のものを使うことをお勧めする理由である。

気を付けなければならないのは、強度を示すポンドテストの表示には、最強強度(MAX)とアベレージ(AVE)があるということだ。

ラインの強度は一定ではなく、部位によってバラツキがあるもので、実際の釣りでは、アベレージ表示の方が役にたつ。例えば50ポンドMAXと表示されているラインがあったとしたら、アベレージは1割ほど差し引いて45ポンド程だと考えたほうが良い。

また太さの基準である号数表示も、現時点では統一規格がない。これも部位によってバラツキがあったりするから注意が必要。

現在私が用いているラインは、YKGよつあみ ガリスウルトラジグマンWX8PEの2.5号。強度は40ポンドもある。ただしMAX表示なので1割減と考えてアベレージは約36ポンド。これは10年前の製品や低価格品なら4号に匹敵する強度なのだ。

YKGよつあみ ガリスウルトラジグマンWX8PE

YKGよつあみ ガリスウルトラジグマンWX8PE


2.5号なら水深70mでも130gのジグが使用できる。しかも表面がスムーズなのでノットの成功率も高い。耐久性も高く、週二回釣りに行っても傷さえ入らなければ、少なめにみても3カ月くらいはもつ。でもこれは200m巻きで標準小売価格10,080円もする。ぜひ釣具店のセールの時にでも入手してほしい。

他に私のお勧めのPEラインは、以下のようなものがある。


ダイワ UVFソルティガ8ブレイド+Si

YKGよつあみ ガリスウルトラキャストマンWX8PE

ダイワ UVFソルティガ8ブレイド+Si

YKGよつあみ ガリスウルトラキャストマンWX8PE

バリバス アバニジギング10×10マックスパワー

サンライン ソルトウォータースペシャルPEジガー8HG

バリバス アバニジギング10×10マックスパワー サンライン ソルトウォータースペシャルPEジガー8HG


それにしても、ラインの製品名ってなぜこのように長い名前が多いのだろう…。


ショックリーダーはフロロを基本に状況に応じて

ジギングはPEラインを使用する以上、ショックリーダーが不可欠だ。PEラインは根ズレに弱く、ちょっとした事で簡単に切れる。PEは引っ張り強度が著しく強いことに比べ、なんとも脆弱な欠点を持っているわけだ。

これは宿命であり、やり方次第でどうにかなるものではない。従ってPEよりも根ズレに強いナイロンかフロロカーボンのラインをショックリーダーとしてPEの先に付け加える必要が生じる。

余談だが、欧米ではPEのことをブレイドライン(縒り糸)と呼び、ショックリーダーを用いることが少ない。それが理由かどうかはわからないが、欧米ブランドのPEラインには、根ズレ防止用のコーティングが施してあるものが多い。このコーティングが分厚いものは、実際の太さが表示号数よりも太い場合があるので注意が必要である。

ショックリーダーの素材にはナイロンとフロロカーボンが存在するが、これは場面に応じた選択をすべきである。

フロロカーボンは引っ張り強度こそナイロンに劣るが、根ズレに対してはナイロンよりも強い。しかも光の屈折率の違いから水中ではナイロンよりも見えにくい。太いリーダーを使うことが多いジギングの場合、この見えにくいというのは非常に大きなアドバンテージとなる。

しかしフロロには大きな欠点があって、ナイロンに比較して硬いのだ。つまり、しなやかなナイロンよりもライントラブルが増え、長いリーダーを使いにくいということになる。

リーダーを長く取ると、それだけリールに巻きこむ量が多くなる。ベイトタックルの場合であればまだましだが、スピニングの場合だと、ポイントに到着してさあ投入という場面で、リールのベールを返した途端、フロロのリーダーがどっと溢れだし、収拾がつかなくなることがある。

一ヒロを約1.5mと考えた場合、太いフロロの場合は2ヒロ、約3mが限界だろう。これでは根の荒く、切り立ったポイントの場合、岩礁が容易にPEラインに触れてしまう。従って極端に根(岩礁)の荒いポイントでは、ナイロンリーダーを用いて6ヒロ以上の長さにするという選択しかない。

要するに場面に応じた選択というのは、通常はフロロカーボンの使用を基本とし、根の荒いポイントではナイロンを用いてリーダーを長くするというのが答えとなる。

しかしフロロの根ズレに対する耐久性と見えにくさというアドバンテージは捨てがたく、フロロを使う方が全体的には釣果にも結び付くのだ。

ではフロロをもう少し長くして使えないか。そのためにはできるだけ柔らかい質感のフロロカーボンリーダーを使うというのが戦略となる。

シーガー ショックリーダー・プレミアムマックス

シーガー ショックリーダー・プレミアムマックス


これは私がこれまで使ったフロロカーボンショックリーダーの中では最もしなやかなものだ。これならば50ポンドであれば、リーダー長を4ヒロまで取ることができる。であれば少々根の荒いポイントでも、極端な荒根でない限り、フロロのリーダーでOKということになる。これは大きなアドバンテージだろう。

ではリーダーの太さはどのくらいのものを用いればよいのか。フロロの場合、ライントラブルを考えると細い方がよりしなやかとなり、トラブルは減少するため、ジギングで使えるのは80ポンドまでと考えたほうが良い。

このシーガーショックリーダー・プレミアムマックスであれば、40ポンドなら5ヒロまで、60ポンドなら3ヒロまでのリーダー長であれば、トラブルは少ない。

リーダーの太さは対象魚の大きさにより異なる。加えて水深によっても異なることを考慮に入れておく必要がある。

水深が50mよりも浅い場所では、光も十分に届き、例えフロロを使っていても魚に見切られてしまうことが多いように思う。実際水深50m以内でジギングをしている時、50ポンドのリーダーを使っている人より、35ポンドのリーダーを使っている人の方が、ヒット率が高い傾向が確認されている。

つまり、より細いリーダーを使う方がベターという事なのだ。

しかし細いリーダーは当然強度も弱くなる。しかもPEのように値段による強度の差はあまりない。(価格の差は耐久性の差である事の方が多い。)

また根の極端に荒い場所では、PEラインもリーダーもより太いものを使わざるを得ない。

例えば水深100mで、底から真直ぐに40mも持ち上がっている切れ立った岩礁の周りを攻める時などは、できるだけ魚に走られないようドラグも強く締め込み、PEラインも5号以上、リーダーも100ポンド以上を6ヒロ以上とらことになる。その場合は必然的にナイロンラインしか使用できなくなる。

リーダー強度の目安を記載しておこう。

※水深50m以内で極端な荒根ではないポイント
フロロの30ポンド〜40ポンドを3ヒロ〜4ヒロ。

※水深70m以上で極端な荒根ではないポイント
フロロの50ポンド〜60ポンドを2ヒロ〜3ヒロ

※水深に関わらず、極端な荒根のポイント
ナイロンの100ポンド以上を6ヒロ以上。


もし大物が掛った場合、根に持っていかれたらいかに強いリーダーでもあっけなく切れてしまう。私の知り合いは30ポンドのフロロリーダーで20kgオーバーのヒラマサを上げているが、実際には大物と呼べる10kg以上の青物をジギングで取るには、実力半分運半分だと思う。

大物が食いついて走っても、リーダーが根に触れさえしなければ切れることはない。30ポンドでも意外に強いのだ。しかし魚がどこに走っていくかなんて誰にもわからない。運よく根に触れないように魚が走ってくれれば、例え30ポンドリーダーであっても10kgオーバーの魚が取れるのだ。半分は運だといえる。

だがいつも大物をヒットさせられるだけのテクニックを持っていなければ、幸運に巡り合う確率も下がってしまう。やはり実力も重要なのだ。リーダーを可能な限り細くすれば大物がヒットする確率も断然上がる。釣行の度に大物に切られながらも、ヒットの回数が多ければそのうち必ず、大物が根に触れず走ってくれるという幸運に巡り合えるはずだ。

→【タックル編・ロッドについて】