• 釣具通販ギアラボ


 


ジギング超入門テキスト
【タックル編:釣れるロッドとは】

文:沢木好男

「ジギングを楽ちんに」をコンセプトに、沢木好男がわかりやすく解説。タックルの選択からジグのアクションまで、すぐに使えるノウハウを公開します。

ロッドは可能ならファースト、スローの2本を用意したい
カタログスペックで素性をチェックしておこう

極論をいうと、ロッドは使ってみるまでわからない。しかしジギングロッドだけでも相当な種類が発売されているので、それを次々に試していては、お小遣いがとても足りなくなる。しかし、カタログスペックから読み取れるデータも結構あるのだ。

ジギングでは、ロッドアクションが釣果に大きく影響する。“良く釣れるロッド”とは、ブランクの反発力を利用し、ジグをしゃくり上げた直後、竿の曲がりが戻ることでジグが加速し、水中でジグが縦移動から横移動にスライドし小魚のような動きを起こすことができるロッドであると定義できる。

この横方向へのスライドを「ダート」と呼び、ジグがリズムよくダートしながら進むことを「ジグが良く泳いでいる」などと表現する。

釣果が上がらない理由の一つに、使っているロッドが自分のしゃくり方、あるいは使っているジグに合っていないことが挙げられるかもしれない。

国内メーカーのジギングロッドでは、カタログに記載されないこともあるが、ロッドはその曲がり方によってファーストテーパーとかスローテーパーと呼ばれるものがある。

ファーストテーパーというのはロッドティップ(先端)付近が良く曲がり、バット(手元)に近付くにつれて硬さが増して行き、あまり曲がらなくなるロッドのことをいう。日本式にいうなら先調子のロッドのこと。

スローテーパーとはティップとバットの硬さにファーストテーパーほどの差がなく、曲げた時の形が半月に近い。日本式にいうならば胴調子のロッドになる。

そしてそれらはロッドアクションと呼ばれる。ファーストとスローの中間にモダレイトとかレギュラーといわれるアクションが存在するが日本ではレギュラーと表示されることが多い。

ではここで、ロッドアクションの大まかな種類を紹介しておこう。

ファースト 先調子、ロッドの先の方だけが曲がる。タイラバロッドに多い。
レギュラー・ファースト ファーストよりもベリーまで曲がる。
レギュラー ファーストとスローの中間。ジギングロッドには最も多い。
レギュラー・スロー ジギングロッドでスローといえばこれ。
スロー 半月状に曲がる。スロースタイル専用ロッドに多い。

ジギングロッドには、極端なスローアクションや極端なファーストアクションは、ソリッドティップのタイラバロッドやスロースタイル専用ロッドなどを除けばあまりなくて、大半はレギュラー・ファーストかレギュラー・スローとなる。

誤解しないでほしいのは、ファーストアクションだから硬いという訳ではなく、スローアクションだから柔らかいという訳でもない。あくまで曲がった時のシェイプがティップの方が良く曲がるほどファーストアクションで、半月に近いほどスローアクションという意味だ。

そしてジギングロッドはファーストアクションに近いものほど適応ジグ範囲が広く、スローアクションに近いほど適応ジグ範囲が狭くなる。これはとても重要なポイントだ。

ファーストアクションのロッドは、ジグの適合範囲が広いので、最初の一本や、あるいは1セットだけ船に持ち込む場合には非常に使いやすい。また小刻みな素早いジャークの場合、ティップが敏感に反発することにより、ジグにシャープな動きを与えやすい。

ただし後述するが、ロングジグを大きくダートさせるジャークパターン等の場合、ベリー(胴)付近があまり曲がらないため、その反発力を十分にジグに伝えることができず、ジグのダートが短くなってしまう。これは時に釣果に大きく影響する。

だから、小さくシャープなジャークでジグをあまり大きくダートさせたくない場合や、大きくゆっくりとしたジャークを行いたい場合に向いている。

スローアクションのロッドは素早く大きくジャークする事で、ティップだけでなく、ベリーの反発力も使える。従ってロング系のジグは大きくダートできる。しかも波による船の揺れにあってもミスダートが少ないので、ダートに反応する魚の場合、ファーストアクションのロッドに比べヒット率は顕著に上がる。

しかし適合ジグ範囲が狭く、それよりも重いジグを用いた場合や、水深が深く大きな水圧がジグにかかる場合だと、ロッドの反発スピードが遅くなりジグがほとんど泳がなくなる。逆にジグが軽すぎる場合だと、ベリーまで力が伝わらずロッドがほとんど曲がらないため、これもジグが泳がない。

スローアクションのロッドは適合ジグ範囲内において、そして平戸ジャーク等の素早く大きなジャークでロングジグを大きくダートさせたい場合、最強のロッドなのである。

以上の事から、なるべくファーストアクションとスローアクションの2種類のロッドを用意しておくことを勧めしたい。

ジグが小刻みにヘッドシェイクするような動きに魚が良く反応する場合は、ファーストアクションのロッドを使って小刻みでシャープなジャークを行うようにする。

逆にロングジグが大きくダートする動きに魚が良く反応する時には、スローアクションのロッドを使って素早く、大きなジャークを行うようにするとヒット率はがぜん上がるだろう。また、ジグのタイプによってジャークパターンが変わるので、ロッドもそれに合わせて使い分ける方が良い。

小刻みなジャークか、胴に乗せてしっかりジャークさせるか。
1本のロッドで使い分けることもできる。

ロッドがファーストアクションかスローアクションかを見分けるには、実際に手にとって曲げてみることが一番だ。しかしカタログ数値から予想を立てたい場合には、適合ジグ範囲から判断すると良いだろう。目安となるのがロッドの弾性だ。

ロッド素材はカーボンが一般的で、正確には“炭素繊維強化プラスチック”という。これはカーボン繊維をレジンで固めて作ったものだがレジンの量が少ないほど硬く(高弾性)、多いほど柔らかく(低弾性)なるそうだ。

そしてロッドのテーパーデザインにもよるが、低弾性に近いほどスローアクションに、高弾性に近いほどファーストアクションになる傾向がある。ロッドアクションを知りたければ、詳しい店員さんのいる釣具店かメーカーに直接問い合わせて、そのロッドが低弾性なのか、あるいは高弾性で作られているのかを確認すると良いだろう。

しかしスロースタイル専用ロッドを除けば、つまりジャークするためのジギングロッドでは、低弾性カーボンで作られたスローアクションのロッドはそれほど多くない。私の知る限り、大半はファーストアクションとなっている。

ただしファーストアクションのロッドでも、ジャーク時にジグの重量がベリーにまで乗り、ロッド全体の反発力でジグを跳ね上げることができれば何ら問題はない。その方法も存在する。

それは使うジグの重量に対して、1ランク細いロッドを使うということだ。

カタログ数値の適合ジグ範囲というのも結構曖昧なもので、明らかに柔らかいと思えるロッドにジグMAX180gと記載されていたり、それよりも明らかに硬いロッドにジグMAX150gと書いてある事もある。従って必ずしもその範囲内のジグ重量しか使えないという訳ではない。むしろ、必要に応じて適合ジグ範囲を度外視した方が効果的な場合もある。

ファースト気味のアクションのロッドでも、カタログに表記された適合ジグ範囲の軽い方のジグを使えばファーストアクションに、適合範囲内で重い方のジグか少し超えるくらいの重さのジグを使えば、ベリーまで十分に曲げることができ、スローアクションのロッドと同じような効果を得ることができるという訳である。

一つの例として、ダイコーのヴァージャーシリーズのジギングロッドは、アクションは全てのモデルでレギュラー・ファーストと表記してある。つまりこれは中間よりもややファースト気味なアクションであるということがうかがえる。

主なラインナップと全長、適合ジグ重量をみてみよう。

MODEL 全長ft(m) 適合ルアー(g) タイプ
VRJS63/3 6’3”(1.90) 50-120 スピニング
VRJS58/4 5’8”(1.73) 80-150 スピニング
VRJS57/5 5’7”(1.71) 100-200 スピニング
VRJS59/6 5’9”(1.75) 120-250 スピニング
VRJS53/8 5’3”(1.60) 200-300 スピニング
VRJB63/3 6’3”(1.90) 50-120 ベイト
VRJB60/4 6’0”(1.83) 80-150 ベイト
VRJB58/6 5’8”(1.73) 150-250 ベイト

例えばこの中で、VRJS63/3というロッドは、ラインナップ中、最も軽量でジグ重量のMAXは120gと記載されている。

このロッドで50gから80gくらいのジグを使えば、ファーストアクションのロッドとして、100g〜150gのジグでは、ジャーク時にベリーまで曲げることができるのでスローアクションのロッドとしても使うことができる。

例えば水深があり潮流の速いポイントで200gのジグを使いたければ、VRJS57/5はスローアクションとして使え、VRJS59/6はファーストアクションのロッドとして使える。

お分かりいただけただろうか。

要するにティップのみで小刻みに鋭くジャークするのか、ベリーまでしっかりと曲げてジャークするのかによってロッドの使い分けが決まるということだ。

細いロッドを使うと大物に対抗できないのではないかという心配も出てくるかもしれないが、最近のジギングロッドは、3オンスクラス以上であれば、10kgオーバーの青物とも十分戦えるだけの性能を持っている。

またほとんどのジギングロッドでグリップエンドまでブランクが貫通した“ブランクスルー”構造になっており、バットパワーを更に補完してくれるよう考えられている。

今時のジギングロッドは、細くても大物を獲ることが可能なのだ。ロッドは使用するジグと、それをどう動かしたいかによって選ぶべきだと思う。


→【タックル編・リールについて】