• 釣具通販ギアラボ


 


ジギング超入門テキスト
【タックル編:リールの条件】

文:沢木好男

「ジギングを楽ちんに」をコンセプトに、沢木好男がわかりやすく解説。タックルの選択からジグのアクションまで、すぐに使えるノウハウを公開します。

ジギングに要求されるのは耐久性、ドラグ性能、巻き上げ力。
なるべく長く使えるリールを選びたい。

ジギングは一日中ジグをしゃくり続ける釣法なので、タックルへの負担も大きい。一般のリールとジギング用リールの最も大きな違いは耐久力である。

高性能なリールであればジギング用以外の物を用いても構わないが、故障する可能性はジギング専用のそれと比べると高くなる。

ジギング用と銘打たれたリールの最も大きな特徴はギアの強度だろう。どのメーカーもジギング対応リールには非常に強度の高いギアを使っている。素材の強度だけでなく、その厚みや大きさも、一般的なリールと比べて大型になる。つまり重いのだ。

私もライトタックルによる全層ジギングの有用性を認識しはじめたころ、何が何でも軽量化をと考え、ジギング仕様以外の軽量なリールを使ってみたが、いかに高級リールであれ、ジギング対応のそれと比べ、ギアから異音が出始めるのが格段に速かった。

そこで私も、多少の重量増には目をつぶり、再びジギング対応のものを使うようになった。

ジギング対応のリールは、スピニングリールの場合で、ダイワならば「ソルト専用」と明記されており、シマノの場合は品番の末尾に「SW」と表示されている。この範疇以外にもジギングに対応したリールはあるので、詳細は釣具店に問い合わせてみると良い。

以下にジギングリールに必要な条件を記しておこう。

・耐久性が高いこと。
・ハンドル1回転あたりの巻き上げ量(リトリーブレート)が、80cm以上であること。
・大物がかかった時でも十分な巻き上げ力があること。
・ドラグがスムーズであること。


リトリーブレートの量でピッチが決まる。とても重要だ。

これらの条件の中で、意外と見落とされているのがハンドル1回転あたりの巻き上げ量(リトリーブレート)だ。これが釣りのスタイルを決め、ひいては釣果にも影響を及ぼす。

リトリーブレートが80cm以上必要なのは、ジャークピッチの問題である。

ジャークピッチについての詳細は後述するが、ジギングで使用するロッドは大体5.0フィート以上、6.5フィート以下である。

最も一般的なジャークである“ワンピッチジャーク”を行った場合、手元で楽に動かせる範囲は上下40pまで。それ以上大きく動かすと疲労度が格段に上がる。

ではロッドを脇挟みスタイルで構え、手元を40p程上下すると、ロッドティップは何センチ動くことになるだろうか。ロッドが短い場合で70cm程度、長い場合だと100p近く動いているはずだ。

ワンピッチジャークは1回のジャークでハンドル1回転が基本である。1しゃくりでロッドティップが100cm持ちあがるなら、ハンドル1回転で100cm巻き上げる事のできるリールが必要となる。

巻き上げ量が、1回のジャークでしゃくり上げた量を大きく下回ると、ワンピッチのリズムが取りにくくなり、不必要なラインスラックが増え、ジグに適切な泳ぎをさせることができない上、巻き取りにムラが出るため、ライントラブルにもつながりやすい。従ってハンドル1回転あたりの巻き上げ量は最低でも80p、理想的には90cm以上必要となる。

これはロッドの長さとのバランスの問題で、使用するロッドが5.0フィートから5.5フィートなら、巻き上げ量は80cmから85cmで十分だが、6フィートを超えるロッドを使う場合だと90cmから100cmくらいの巻き上げ量であった方がピッチは合う。

つまりロッドの長さに応じた巻き上げ量のリールと組み合わせることで、ジャークピッチをより正確にし、不要なラインスラックを減らしジグにより良好な泳ぎを与え、釣果に結びつけるという考え方なのである。

このハンドル1回転あたりの巻き上げ量は、ギア比とスプールの大きさで決まる。

リールが同じ大きさならギア比が高い(ハイギア)の方がリトリーブレートは大きく、ギア比が同じならスプールの大きな方が(リールが大きな方が)リトリーブレートは大きくなる。

御存知のように、巻き抵抗はローギア(パワーギア)よりもハイギアの方が重くなる。従ってハイギアはこのコンセプトには合致しない。ところがローギア(パワーギア)はリトリーブレートが少なく、ピッチが合わなくなる可能性がある。従ってリールを大型にする。そうすると重量が増え、疲労が増すため、長時間のジャークができなくなる。

この矛盾をどう解決するかが、楽して大物を釣るためのリール選びの鍵となる。

重量とリトリーブレートと巻き抵抗。
そのバランスをとるためにカスタムハンドルはある。

シマノを例に挙げてみよう。

SW仕様リールの代表的なものとしてツインパワーSWの場合で考えてみると、5000番と6000番はスプール違いで同じボディ、重さは5000番が395gで6000番が405gと10gしか変わらない。従ってスプールの大きな6000番を選んだほうがリトリーブレートも多いため、ジギングには向いているということになる。

では6000番のリトリーブレートはどうかというと、パワーギアで83cm、ハイギアで103p。パワーギアでもロッドが短い場合は何ら問題なく使えるが、6フィートを超えるロッドの場合もう少し巻き上げ量があった方がジャークピッチは合ってくる。

そこで一つ上の8000番だとどうだろうか、これはパワーギアで93cmのリトリーブレートがあるため、ロッドが長い場合は6000PGよりもピッチが合いやすく有利と思われる。ところが8000PGの重量は605gとなり、6000番よりも200gも重くなる。この負担は看過できるほど小さくない。

ではハイギアの6000HGにすればリトリーブレートも103cmとなり重量も軽く、ベストマッチと思えるが、ハイギアは先ほども申し上げたように、巻き抵抗そのものが重くなり、体にかかる負担が大きくなる上、大物が掛った時、巻き上げ力の問題から魚に主導権を奪われがちとなり、対応するにはそれなりのテクニックを要する。

この解決策がハンドルのカスタム化だ。

シマノからツインパワーSW6000番用の65mmロングハンドルが発売されている。オリジナルのハンドルとほんの少ししか変わらないので、長くなって巻きにくくなるという心配はない。しかしほんの少しハンドルが長くなるだけでも巻き抵抗は随分軽くなり、巻き上げ力も大幅に向上して、大物とのファイトでも魚に主導権を奪われにくくなる。

従ってロッドが長ければ、シマノならばツインパワーSWかステラSWの6000HGに65mmロングタイプのハンドルを合わせるのがベストということになる。そして、ロッドが短ければ6000PGがベストマッチとなる。

ダイワは何といってもソルティガだろう。中でもこのコンセプトにマッチした番手は3500番だと思う。重量も440gなので問題ない。

リトリーブレートは、ローギアの3500で84cm、ハイギアの3500Hで98cmなので、ロッドが5.5フィート以下は3500、それ以上の場合3500Hが良いと思う。

ダイワからはまだ、この機種用のロングタイプのカスタムハンドルは発売されていないようだ。しかしハイギアでリトリーブレートが98センチという事はステラSW6000HGよりも若干巻き上げ力が強いという事なので心配はないと思う。

シマノのツインパワーSWとステラSW、及びダイワのソルティガは、ジギング使用における条件を全て満たしており、自信を持ってお勧めできる機種だ。

これより低価格の機種でもジギング対応の物はある。しかしそれらはドラグ性能や重量、耐久性の点で劣る。日本製リールの発展は目覚ましいが、ことジギングに関しては、やはりハイエンドクラスの方が有利だ。また、低価格なリールはギアなどのパーツにハイエンドモデルよりも耐久性の低いものが使われているので、こまめなメンテが必要となる。

何よりもリトリーブレートとロッドの長さを合わせることが釣果につながるということを忘れないでほしい。

元祖ソルトリール・PENNの最新シリーズに
日本のジギングにぴったりの型番があった。

リールの最後に、シマノ、ダイワ以外でお勧めできるリールを御紹介しておこう。


PENN  Battle 5000 G-tune(製品ページへ)

PENNといえば、スピンフィッシャーやスラマーといった日本でもおなじみのシリーズが有名だが、実はそれらはPENNの中でもクラシックスタイルに位置づけられるモデルで、最新の釣法に対応した新設計リールが本国で発売されている。

中でもBallte(バトル)はその名の通り、大物と戦うことを目的として作られたスピニングリールで、PENN新設計リールの中核をなす大人気シリーズだ。アメリカの通販サイトのユーザーレビューを見ても、その評価は非常に高い。

Battleは2000、3000、4000、5000、6000、7000、8000と7種類のラインナップを持つが、中でもジギングにマッチするのは5000だろう。


Battle G-tuneで釣るチャーマスこと北村秀行氏(玄界灘)

Battle5000は、リトリーブレートが94cm。十分な巻き量だが極端なハイギアではない。このレートだと5.5フィート以上のロッドを用いて平戸ジャークを行ったとしても、ラインスラックを十分巻き取れる上、大物をグイグイ巻き上げるだけのパワーもある。自重は578gで、シマノの8000番よりはやや軽い程度だが、お尻の重いリアヘヴィなので、ロッドにセットした時に軽く感じる。

また付属のハンドルが長く、それにギアの咬み合い精度と高すぎないギア比が合わさって、極めて高い巻き上げ力を発揮する。私も実際に5000で8kgのヒラマサをかけたときは、大してポンピングせずとも巻き上げることが可能だった。

特筆したいのはドラグ性能である。海外製、特にアメリカのリールはドラグ性能の良いものが多い。ライトラインで大物を釣ることがステイタスとなる文化がその背景にあるからだ。

特にPENNリールのドラグシステムは昔から定評がある。Battleのドラグはシルキーかつスムーズで、実に気持ちの良い出方をする。出始めの引っかかりなど全くなく、止まる時にはピタッと止まり、魚の強烈な引きに負けてドラグが出っぱなしになるなどということもない。

魚が暴れた分だけ、引いた分だけ、ドラグが作動する。バトルのドラグはそんな感じだ。これは国産高級リールにもなかなか見られない性能だろう。これだけのドラグ性能なら、これまで取れなかった大物も取れるようになる可能性があると思う。

糸巻き量は、3号300m、4号200mとなるので、ヒラマサのキャスティング用にも使える。

Battle5000の良い点をまとめると次のようになる。

・ハイギア仕様で巻き上げ量が多く、長めのロッドでもピッチバランスが良い。
・ハイギア過ぎないので巻き上げ力が損なわれていない。
・ロングハンドル仕様で巻き上げトルクが強い。
・リアへヴィバランスなので自重の割には疲労が少ない。
・ドラグ性能が極めて高く、魚の引きに応じた必要最小限のラインを出す。
・これだけ高性能の割には非常に安価である。


あえて欠点を挙げるなら、国産高級機のように完全防水ではないということ。従ってこまめなメンテは必要である。

付け加えるなら、強力な巻き上げトルクを持つ割にはハンドルノブが小さすぎることだが、これはギアラボでカスタムハンドル仕様が登場している。日本発の釣法である、オフショアジギングに対応したカスタムBattleである。

PENN Battle 5000は国産ハイエンドリールが予算オーバーで無理な方には、これしかないといえるリールかもしれない。またすでに国産ハイエンドリールをお持ちなら、セカンドリールとしてもお勧めできるだろう。


→【秘技・桃太郎ジャーク】